勇者のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ”豆腐小僧その他”京極夏彦著 角川文庫

<<   作成日時 : 2013/05/27 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


豆腐小僧その他 (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-04-23
京極 夏彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 豆腐小僧その他 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


”豆腐小僧その他”京極夏彦著 角川文庫(2011/04発売)
(ジュブナイル版”豆腐小僧”と”京極噺六儀集”より”狂言 豆腐小僧””狂言 狐狗狸噺(ロングバージョン)”
”狂言 新・死に神””落語 死に神remix”、茂山千之丞”京極作品と狂言の歴史的出会い”を再録。

ジュブナイル版”豆腐小僧”・・・”豆腐小僧ふりだし”とも発売直後に公開したアニメ映画とも別内容。
(但し、映画とは現代が舞台ということと天候変更システムが重要アイテムであることが共通。)
子供向けでありながら、”ふりだし”と同じように妖怪の存在意義まで突っ込んだ内容になっていたのは驚き。
さらっと流しながらも抑えるところは押さえてある、といった印象です。

”狂言 豆腐小僧”・・・とある大名&従者と出会う豆腐小僧。驚愕のラスト。(笑)

”狂言 狐狗狸噺”・・・狐狗狸の化かしあいに巻き込まれた男。

”狂言 新・死に神”・・・なにをしてもうまくいかず、自殺しようとしていた男の元に現れた死神。
死神が男の懐から取り出した命の砂時計によると男はあと120年は生きることになると言う・・・。

”落語 死に神remix”・・・こちらは自殺しようとしていた男が死神から、他人に憑いている死神が見え、その上その死神を追い払う力を与えられる。男は徐々に成功していくが・・・。

茂山千之丞”京極作品と狂言の歴史的出会い”・・・狂言の歴史とそこから繋がる上記狂言の解説。

・・・狂言、落語はどれもくすり・にやりとする楽しい話でした。
ちょっと縁のない世界なので新鮮でしたね。

遠野物語remix
角川学芸出版
京極 夏彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 遠野物語remix の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
”豆腐小僧その他”京極夏彦著 角川文庫 勇者のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる